結婚式のWEDDING HILLS TOP結婚準備ガイド > 神前式の基礎知識
花嫁花婿準備室-for Bride and Bridegroom-

神前式

神前式の挙式の流れ<日枝神社>

01:参進の儀手水(てみず・ちょうず)の儀でお清めしてから、大太鼓の響きと共に、巫女に導かれて新郎新婦と両家両親、親族の順に並び、本殿へと向かう。
新郎は紋付袴、新婦は清らかな白無垢と綿帽子姿。石畳の回廊に敷かれた赤い毛氈(もうせん)を進む花嫁行列は、結婚式にふさわしい厳かな雰囲気。参進の儀

「東の溜り」で親族紹介をした後、回廊を進み参進の儀へと向かう。

02:修祓修祓とは、神前に向かうにあたって心身の罪や穢れを清めるお祓いのこと。斎主(式を司る神職)が祓詞(はらえことば)を奏上し、大麻(おおぬさ/榊の枝に紙垂を挟んだもの)を左右に振って厄災や穢れを祓う。身も引き締まり、晴れやかな気分になれば、いよいよ古式ゆかしい結婚式のスタート

03:着座神前に向かって、新郎方は右、新婦方は左に着座。本殿に漂う神聖な空気に、新郎新婦はもちろん親族1人ひとりの心のなかまで研ぎ澄まされていくよう

04:祈祷神職が祝詞(のりと)を読み上げ、神様にふたりの結婚と今後の加護を祈願する。

POINT
神前式の最重要パートその1
神職が神様とふたりの仲人役として奏上してくださるので、「神様どうぞよろしくお願いします」という気持ちで臨もう。

05:新郎新婦誓詞奏上新郎新婦誓詞奏上
ふたりが神前に立ち、結婚の報告と夫婦の結びつきを誓う。

06:三献の儀(夫婦固めの盃)「三三九度」の盃は、夫婦の契りを固める意味が。一献(小杯)は新郎→新婦→新郎、二献(中杯)は新婦→新郎→新婦、三献(大杯)は新郎→新婦→新郎の順で三口でいただく。三献の儀(夫婦固めの盃)

POINT
神前式の最重要パートその2
ひとつの杯でお神酒をくみかわすことで、夫婦の契りを結ぶ。一口目・二口目は口をつけるだけにし、三口目で飲み干す。

07:指輪の儀新郎から新婦へ、新婦から新郎への順に、
薬指に結婚指輪をつける。
指輪の儀

POINT
比較的最近行われるようになった式次第で、希望するカップルが多い。ドレスに着替えた披露宴で行うカップルも。

08:豊栄の舞奉奏豊栄の舞奉奏
日枝神社では、雅楽の調べに乗せて、巫女による華麗な「豊栄の舞」が奉奏される 。

09:玉串を奉りて拝礼新郎新婦、両家親族代表の順に、神前に玉串(榊の枝に紅白の正絹をゆわえたもの)を捧げ、二拝二拍手一拝する。玉串を奉りて拝礼

POINT
神前式の最重要パートその3
玉串とは古来より神と人の心の橋渡しとされるもの。玉串を神前に供えて、夫婦の結びつきや幸せを願う。玉串の根元に祈りを込め、時計回りに向きを変えて差し出すと自然で美しき動きに。

10:親族固めの盃親族固めの盃新郎新婦と両家の親族にお神酒を注ぎ、「おめでとうございます」の声と共に盃を空ける。ふたりと両家の縁を結ぶという意味を持つ。

11:一拝最後に、神職の合図で神前に一拝をして神前式が終了。ほっとひと息ついたように新郎新婦の表情に笑顔が

12:退出
神職・巫女に導かれて、新郎新婦と列席者が本殿から退出。

日枝神社溜池山王の街なかに広がる鎮守の杜。600年以上の昔から「山王さん」と人々に親しまれ、信仰を集めてきた日枝神社は、木々の緑に癒されるロケーションも魅力。古式ゆかしい趣と伝統に満ちた神前式が人気を集めている。
日枝神社
日枝神社
TEL:03-5302-2205
Q:神道とは?
古代に生まれた民俗信仰を基盤に発展した日本独自の宗教。自然発生したため開祖は存在せず、教典や教義もない。森羅万象に神々が宿ると考え、自然神や祖先神など「八百万(やおよろず)の神」と呼ばれる多数の神々を信仰する。
Q:神前式の魅力は?
お宮参りや七五三、各種祈願や厄除けなど、節目節目に神社に詣でる習慣のある日本人。列席者にも馴染み深いだけでなく、独特の厳かな儀礼が新しい人生の門出にふさわしいと考えるカップルも多い。また、神社で挙式した場合は、その後もお正月の初詣などで気軽にお参りにいけるのも大きな魅力。
Q:列席は親族のみ?
神前式は家と家の結びつきを大切に考える。また、式場となる神殿のスペースが限られているため、少し前まで両家親族のみ列席するのが一般的だった。しかし近年は、大きな神殿をもつ神社などを中心に、友人など血のつながらないゲストも参列できようになってきている。
Q:ウエディングドレスはNG?
神前式の衣裳は和装が基本。でも実は決まりがあるわけではなく、洋装でもOKだ。ただし、神々に祈願する儀式なので、肌の露出が多いドレスの場合はボレロやショールなどで露出を抑えて。また、「平服の挙式も可」という場合の平服とは普段着でなく略礼装を指すと考えよう。
Q:ゲストへのアドバイスは?
神社の場合、神殿に上がる際に靴を脱ぐ必要があることもある。若い女性ゲストの場合、裸足だと失礼なうえに本人も恥ずかしい思いをすることになるので、事前に伝えておのがベター。
知っておきたい神前式用語
【恐美恐美(かしこみかしこみ)】
祝詞の中でよく耳にする言葉で、「恐み(かしこみ)」とは「おそれ多い」の意。有名なフレーズ「恐み恐みも白す(かしこみかしこみ・もまをす)」は、「神様におそれながら謹んで申し上げます」を意味する。
【手水(てみず・ちょうず)】
神様の前に進む前に心身を清める作法。柄杓に水を汲んで左手→右手の順に洗い、左手に水を受けて軽く口をすすぎ、左手をもう一度洗う。
【二礼二拍手一礼】
神道における参拝の基本的な作法。まず深々と2回お辞儀し、拍手(かしわで)を2回打った後、再び深々としたお辞儀を1回する。お辞儀は腰の角度が90度になるまで頭を下げる(拝礼)のが正式。また、拍手は胸の高さで打つこと。日本人としてぜひ身につけておきたい作法のひとつ。
【初穂料】
神前式の挙式料のこと。神社の場合は5〜15万円が一般的。披露宴会場を併設する神社では、衣裳や着付などをセットしたプランが用意されていることも多い。