結婚式のWEDDING HILLS TOP結婚準備ガイド > 最強の結婚ダンドリ術
花嫁花婿準備室-for Bride and Bridegroom-

結婚のスケジュールはこれでカンペキ! 最強の結婚ダンドリ術

こだわりのパーティを行うなら、当日までのダンドリはばっちりマスターしたいもの。
うっかり「忘れてた!!」なんてことにならないよう、効率よくスケジュールを組んで、素敵な結婚式を叶えよう!
イラスト/米澤よう子

時間がない!そんなふたりでも大丈夫3ヶ月お急ぎスケジュール

3ヶ月前
お互いの両親に挨拶をする
気になる会場があれば、まずは両親にも相談してみよう
日取り、人数を決める
おおよその人数とおおまかに予算を決める。日取りは第3希望くらいまで考えておこう。また、招待客の人数は両家のバランスを取るように心がけて
会場をリストアップして下見
何にこだわるのかを決めて、見学したい会場をリストアップ。会場を下見に行く際は、見積もりとパンフレットをもらっておけば両親に説明するときもスムーズ
*下見のコツをチェック
*こだわりで会場探し
*ブライダルフェアをチェック
会場を決定して予約を入れる
仮予約をしていた他の会場にはキャンセルの電話を入れよう。正式決定後はキャンセル料がかかるので、会場の決定は慎重に
ドレスを決める
デザインはもちろん、会場と合っているかなども考えていくつか試着してみよう
*こだわりでドレス探し
*おすすめのドレスShop探し
*ドレス選びの基礎知識
*先輩カップルの実例集(衣裳編)
司会者の検討
司会者と言っても、女性司会者や男性司会者、芸人、アナウンサー、友人など様々。司会者によって大きく雰囲気が変わってくるので、慎重に考えよう。
招待状の手配
発送時期やゲストからの返信時期を考えて、先に招待状は決めておこう
ブライダルエステ開始
直前でも間に合う様々なコースがあるので、予定や予算を考えて自分に合ったコースをセレクトしよう
両親への挨拶
ふたりの強い決意と真剣な気持ちをしっかりアピールしよう
会社に結婚報告
上司に結婚式に招待する場合はなるべく早く報告を
新居を探し始める
ふたりの収入や勤務先などをよく考えて新居を探そう

2ヶ月前
招待状完成&発送
招待状は遅くとも2ヶ月前までに投函しよう。急な招待はゲストにも迷惑になるので気をつけて。席次表、プロフィール表、席札、メニュー表などの準備も始めておこう
料理や飲み物、ケーキを決める
ゲストにとって1番の楽しみとなる料理は、しっかりと考えて。ウエディングケーキのデザインもこの時期に決めよう。
*先輩カップルの実例集(ケーキ編)
演出やギフトを決める
ふたりのセンスが現れる装花や披露宴を盛り上げる演出、ゲストに感謝の気持ちを込めて送るギフトなども決定しよう。
*先輩カップルの実例集(フラワー編)
*先輩カップルの実例集(演出編)
*先輩カップルの実例集(ウエルカムアイテム編)
*先輩カップルの実例集(小物編)
2次会の検討と会場決定
2次会を検討している場合は、幹事の人に早めに連絡をしておこう
*2次会会場を探す
ハネムーンの申し込み
パスポートやビザの申請を忘れないように。有効期限によっては入国できない国があるので、パスポート期限は余裕を持って

1ヶ月前
人数を確定して席次を決定
意外と頭を悩ませるのが席次表。席次だけでなく肩書きにもルールがあるので注意して。
ゲスト関係の準備をする
遠くから来るゲストには交通手段や宿泊を手配しよう。また、ゲストの着付けなどを手配も忘れずに。
ドレス、美容の最終確認
ヘア&メイクリハーサルや前撮りなど、当日に供えて美容関係もしっかり確認を!
カメラマンや司会者と当日の打ち合わせ
撮影してほしいカットは、カメラマンにしっかりと伝えておこう
BGMを決める
BGMにこだわりがある場合は、使用したい曲を事前にセレクトしておこう
新居への引越し
転出届や転入届けのほかに、ライフラインの手続きも忘れずに行って

1週間
費用を支払う
原則的には振込みや現金での支払いになる。最近ではカード決済が可能な会場もあるので問い合わせてみよう。
心付け用の祝儀袋と新札を用意
事前に、誰にどのくらい渡すのか両家でキチンと割り振りを考えて。当日は想定外の人にお世話になることもあるので、人数分より多めに用意しよう
ネイルと顔そりも忘れずに
指輪交換のシーンなどで意外と目立つのが指先。また、メイクのノリが良くなるので顔剃りはぜひやっておきたい
両親への手紙を書く
普段なかなか言えない感謝の気持ちも手紙なら素直に伝えられるはず
謝辞を考える
両家代表(主に新郎の父)の謝辞が一般的だったが、最近は新郎が挨拶するケースも
持ち込むものを揃える
プチギフトなど自分達で用意する場合はこの時期には揃えておこう
友人との打ち合わせ
受付などを頼む友人には集合時間や頼みたい仕事の内容を連絡しよう
ハネムーンの荷造り
直前は何かと忙しくなりがち。この時期に荷物の準備を始めておけば安心だ
結婚届の提出
結婚式当日に入籍することも可能。だたし、記入漏れや提出物の忘れ物があると当日に入籍ができないので気をつけて
名義変更の手続き
運転免許やパスポートなどは住所や名義が変更したら必ず手続きを

前日
前日のうちにご挨拶を
媒酌人や主賓には「お車代」を用意し、 挙式前日には「明日は宜しくお願いします」とお願いしておくのが礼儀。受付を手伝ってくれる人などにも一声かけておこう。
前日搬入の準備をする
忘れ物がないかしっかりチェック!気になることはプランナーに聞いておこう

当日
当日会場に到着して準備
2〜3時間前には会場に到着するようにしよう。控え室で媒酌人や親族に挨拶を。また、当日は食事をする時間があまりない場合が多いので、メイク前に簡単な軽食を食べておくと安心だ。

後日
お祝いを頂いた方には必ずお礼を
結婚式に招待したかどうかに関らず、お祝いを頂いたら必ずお礼を。